デザイナー:横路

【横路】発売1周年とドラマCD発売のお知らせ

皆さまこんにちは。お久しぶりです。横路です。

2013年7月5日は、世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 発売1周年です!
1年があっという間で驚きます。


さてさて、このたびドラマCDが発売になります!
『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 ドラマCD 囚われの巫女と三姉弟』
7月24日(水)発売です。
リンク:

軽くご紹介をします。

時間軸は、先を行く「皆様のギルド」が第3大地の金剛獣ノ岩窟を攻略している頃です。
「ヴァラディ三姉弟」は、タルシスの街へたくさん集まるギルドのひとつ。
少々劣等生な彼らが、深霧ノ幽谷を舞台の中心に冒険をします。
ゲームを遊びこんで下さった日暮茶坊さんが台本を書いて下さいました。

1人目の姉がナイトシーカーのエレノア、
2人目の姉がソードマンのキリカ、
末の弟がメディックのルークです。

2代目キバガミや街の人々と交流をしながら「とある出来事」を追っていく物語です。

白熱のバトルシーンは胸をすくような迫力です!!
作中のBGMで世界樹の迷宮IVの曲が豊富に聞く事ができます。


音声収録の際に、少し覗かせて頂きました。
出演者の方々の声の美しさといったら、まさに虹色の声です。
素晴らしいキャスティングになっております。

収録スタジオのマイクが、私の見ている所から一番遠い所にあって
背中向きで台本を読まれるので、本当にその声をその場で出されているのか
回り込んで見てみたいくらいでした。

辺境伯とウロビトの長老は、同じ方が演技をされているのですよ!!
ドラマCDを繰り返し聞かれる際に聴き比べてみても面白いと思います。

収録の最後にモンスターの声も録っていて

音響監督「じゃあ、ホロウが儀式をしているような声頂きます」
出演者「はい」のあと即、「ウウウアアアゥゥォォォウゥ...」

驚きました。ホロウが儀式をしている声をこれまで想像をした事がありませんでした。

お色気担当はまさかの辺境伯。なんと、マルゲリータも登場します!!
ご興味のある方は、ご予約をお早めにどうぞ。


発売を記念してPC壁紙を作りました。
素晴らしいキャストの方々が一目で分かる舞台広告風のものと、
シンプルバージョンの2つを作りました。


Sq4WP_DramaC1024x768.jpg
1024×768

Sq4WP_DramaC1280x1024.jpg
1280×1024

Sq4WP_DramaC1920x1200.jpg
1920×1200

Sq4WP_DramaS1024x768.jpg
1024×768

Sq4WP_DramaS1280x1024.jpg
1280×1024

Sq4WP_DramaS1920x1200.jpg
1920×1200

告知が、続きます!

世界樹の迷宮IVにて背景美術画を描いて下さった、
山本二三先生の画業が一挙公開される『山本二三展』長崎に続いて
岡山シティミュージアムにて開催になります。
7月19日(金)から9月1日(日)まで
リンク:


まだまだ続く『山本二三展』岡山の次は北海道の帯広で開催です。
北海道立帯広美術館にて、
9月7日(土)から11月13日(水)まで
リンク:

まだまだまだ続く『山本二三展』帯広の次は青森で開催です。
青森県立郷土館にて、
11月16日(土)から2014年1月13日(月)まで
リンク:
(展示会・事業のご案内 PDFファイルで予定が書かれています)

全国ツアーの真っ最中といったご様子です。
各地の展示スペースのご都合もあるかと思いますが、
世界樹の迷宮IVの背景美術画も、これからの展覧会でも展示の予定との事です。
私も各地に飛んで行きタルシスや迷宮の晴れ姿を見て回りたいです。


もうひとつ!

7月15日には、東京の目黒で『世界樹の迷宮LIVE2013』が開催になります。
世界樹の迷宮IVの曲も演奏されますよ。
チケットの一般発売が7月6日にスタートです。
リンク:


世界樹の迷宮VIの公式サイトで秘宝を探してポチポチ押した『気持ちポイント』、
いよいよ最後の1つになりました...!
ちゃんと、覚えていますよ...!

残る秘宝は「システム」の「ギルドカード」です。
ヴァラディ三姉弟に負けず劣らず、
まだクリアをしていない劣等生ですが
私の1年前、発売日にプレイを開始したセーブデータを使い
今回発売になるドラマCDのギルドを模して作ったギルドカードです。
よかったら気持ちポイント入れてあげて下さい。
リンク:

【横路】:長崎県美術館

みなさまこんにちは。横路です。
大変お久しぶりです。その後、冒険のほうはいかがでしょうか。

今回は、世界樹の迷宮IV 伝承の巨神に関する嬉しいニュースをお知らせします。


山本二三先生が描かれた世界樹の迷宮IVの背景美術画が、4月20日より長崎県美術館で展示されます!


全国を巡回している展覧会「山本二三展」が、
いよいよ、先生の出身地、五島列島のある長崎県で開催になります。
最近のお仕事である世界樹の迷宮IVの背景も展示されることになりました。

細部まで丹念に書かれている水彩画の筆のタッチや、
液晶画面では再現の難しい繊細な色の様子なども、原画から直接見る事ができます。


【展示される世界樹の迷宮IVの背景】

街からのアプローチ 広報用:世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 公式設定画集表紙背景
街へのアプローチ 広報用:タルシスの街を描いた背景
街の広場
セフリムの宿
ベルンド工房
冒険者ギルド
風馳ノ草原
碧照ノ樹海
深霧ノ幽谷
金剛獣ノ岩窟
木偶ノ文庫

煌天破ノ都

巨人の掌

後半の背景も、大変素晴らしいので展示になります。
※スクロールオーバーで名前は隠しています。

世界樹の迷宮Ⅳはカジュアルモードがありますが、
なかなか歯応えのあるゲームですし、
最近ソフトを購入された方など、まだ全ての背景をご覧になっていない
冒険者の方もいらっしゃると思います。

美術館で先に背景画を目にする方は、ゲームの中でどのように
その場面が登場するのか、楽しみに冒険をして頂ければ幸いです。



山本二三展は、おととし神戸博物館からスタートしていまして
今回、長崎県美術館では世界樹の迷宮Ⅳの背景画13点など
最近の仕事等の40点が加わり、展示数がこれまでの160点から200点へと増えます。

神戸博物館での展覧会をディレクターの金田さんと拝見致しましたが、
日本を代表するようなアニメーション作品の背景もあり、
背景美術の歴史の一面を辿っていくような、とても見ごたえのある展覧会です。

その展示へ世界樹の迷宮Ⅳも加えて頂き、大変光栄です。



背景画の晴れ姿をぜひ、美術館で観賞して頂きたいです。


長崎県美術館 山本二三展 リンク

【横路】:冒険のすすめ

天は冒険者の上に冒険者を造らず、冒険者の下に冒険者を造らず。


みなさまこんにちは。横路です。
世界樹の迷宮IVが、昨日遂に発売になりました!!

今回が初めての世界樹という人や、
世界樹シリーズを経験済みの熟練冒険者、
体験版で様子を見た方や、やり込みをした猛者の方など、
さまざまな冒険者がいることでしょう。


今日は、世界樹の迷宮IVで初めて世界樹シリーズに触れるという方に向けて
ピンポイントアドバイスを書きます。

経験者のみなさまは、初めて世界樹の迷宮シリーズに触れた時を
思い出しながら読んで頂ければ、と思います。


続きを読む

スクープ!これが先着購入特典のサウンドトラックCDだ!

みなさまこんにちは!横路です。

今回は、先着購入特典のサウンドトラックCDの紹介動画を用意しました。
動画の冒頭に少しだけ、特典の収録曲も登場しています。

 

※印刷見本のため、完成品とは少しだけ色味が違います

特典の詳細、収録楽曲につきましてはこちら


レポートはいいから、曲を聞かせて!という方も
沢山いらっしゃるかと思うのですが、
発売日まで、もう少しだけお待ち頂ければ!と思っています。


収録されている古代さんの曲は、
ひとつひとつが素晴らしいのはもちろん、CDの7曲を
続けて聴いたときの曲構成が、これがもう素敵です。

最後の曲の深く切ないメロディーで、私は感動の涙が出てしまいます。


ブックレットの日向さん描き下ろしイラストも、見ごたえたっぷりです。
内訳は伏せますが、数えてみたところ
表紙、裏表紙を抜いても36体もキャラが描き下ろされていました。

この特典を手に入れた方には、隅々までよく見て頂きたい!!と思っています。

 

それでは!

 

【横路】:「気持ちボタン」スタート!

みなさまこんにちは、横路です。
公式サイトにちょっとした遊びが実装されました。

広報の人が考えた、『気持ちボタン』というものです。
ページの右下に黄色い気球艇が飛んでいる所では
1日に5つまで、ポイントを投票することができます。

もっと詳しい説明は、
気球艇のそばの【説明を見る】ボタンを押すと表示されます。

各ページごとに、とっておきのお宝が眠っています...!
気球艇でサイトを探索してしてみて下さいね。

【横路】第1回:メイキング オブ 世界樹の迷宮IV

みなさまこんにちは。「世界樹の迷宮IV」アートディレクターの横路ゆかりです。
世界樹の迷宮では初代からII、III、IVのデザイン統括と、
美術設計や背景等を担当しています。

今日は午前中に、プロモーションビデオの
ナレーション収録の立ち会いがありました。
今作のイメージにぴったりと合う、すてきな声を入れて下さいました。

近いうちに公開ができるように映像の編集が今も続けられています。
言葉や、画面に登場する映像の一つ一つにも
こだわりを持って制作されていますので、
公開された暁には、ぜひ、ご注目頂ければ!と思っています。


続きを読む