皆様、こんにちは。
明日はノーラと刻の工房、発売日となりますね、小森です。

発売前日に、今更ながら、このゲームの難易度について語りたいと思います。
というのも、ある日小森が歩いていたら、『ルッツエンドに行けないよー』と嘆いている広報を発見したからです。
この広報のように特定のエンドに行けないと悩むユーザーの方が出ると申し訳ないので、下記の3つの言葉を発売前のヒントとしてお伝えしておきます。

①ゲームを進めていくと敵が強くなる!
 →このゲームは敵を倒すことが必須ではないので、ポイントポイントでわざと強めの敵を出しています。負けて全滅してもデメリットはほとんどないので、安心して負けて下さい。
  ...といっても、敵を倒さないと先に進めないと感じる時もあるかと思います。 そういったときは、今までつくっていなかった様々なアイテムを加工や導刻術で作ってみてください。
  手間をかけて作り出すアイテムの中には、高い回復効果や補助能力、強い攻撃能力を持つものが存在しています。
  そういったアイテムをたっぷり持って再度戦いに挑めば、きっと勝利は近づくと思いますよ!


②狙ったエンディングに行くのが難しい?
 →このゲーム、登場する主要キャラそれぞれにエンディングが用意されています。それらキャラクター毎に難易度が違い、初めてのプレイで攻略しようと思った相手が実は難易度が高いという場合があります。
  キャラエンドを狙う場合、確実に1人の相手に絞ってプレイして見て下さい。2キャラ同時に...とかやっているとたぶん難しいと思います。
  (例えば、キトさんを狙っている場合、戦闘に行く際は護衛にカルナかオクトーヤをつれていくとか...、お金が欲しいときだけ、ユカに入れ替え、で値切る等の方法があります)
  それでもクリアが難しかった場合、以下を参考にして下さい。
  

③周回プレイを前提にして開発されているため
 →これは、書いた通りで、ノーラと刻の工房というゲームは何度も何度も遊んで楽しめるゲームになっています。
  なので、キャラクター毎にたどりつきやすいエンディングや、難しいエンディングが存在しています。上記の通り、もし狙ったキャラの攻略が難しく失敗した場合(引継ぎ要素も利用しつつ)別のキャラクターを攻略してみるのも一つの手です。
  別のキャラクターを使うことで、新しいスキルやアイテムの存在を知り、その結果、ゲームが上達するということもありますからね。



以上、3点を覚えておいてもらえると、ゲームをより楽しんで頂けるかと思います。

それでは、ノーラと刻の工房 霧の森の魔女、明日発売日ですので、よろしくお願いします!