皆様、こんにちは。「ノーラと刻の工房」プロデューサーの小森です。

さて、今日は「ノーラ」を調整中に起こった出来事について語りたいと思います。
ノーラというタイトルは、自分のチームの渡辺勝(※世界樹3のチーフプランナー。)に
戦闘バランスを調整させました。先日、ある程度入って遊べる状態になっているということで
小森も通しプレイを行いました...。

...さて、このノーラというタイトル。
初報を見た皆様もお察しの通り、ほんわかほのぼのとした雰囲気をかもし出しており
低年齢層やライトユーザーの方でもOKですよ!というゲームです。...そのはずです!

...しかし、小森がゲームを進め、とある森の奥へと進んだときに
ノーラが森の奥から現れた巨大な敵に一撃で沈められ...、仲間たちもまた一撃で沈んでいくという
どこのハック&スラッシュ系の危険な森ですか!?状態となっていました。

思わず突っ込みを入れて、もっと調整しろといいつつも...
話しているうちに小森のプレイもやや問題があったようでした。(アイテムを作っていない、装備を揃えていないetc...)

なるほど、ではもう一度最初からプレイしつつ、難易度を確認してみるか と思いつつも
果たして遊び甲斐のある難易度とかは何だろう?と悩んでしまいました。

簡単なほうがいいのか?あっさり勝てるのがいいのか? ...恐らく違うと思います。
壁にぶつかり、悩み、攻略法を考え、その結果、勝てる!のが一番ドーパミンが出るんじゃないかなと想像するのですが...。

...問題はそれを図る人なんでしょうね、ソフトのターゲットにあわせて調整するのが当然なのですが
欲を言うと、ライトユーザーもヘビーユーザーも遣り甲斐を感じてもらえるのが理想かと思います。

そして、それに悩みながら今日も小森はノーラと冒険に出ます。
皆様の考える面白さの定義等、教えて頂けると嬉しく思います。